イベント参加者に満足してもらえるよう、参加者の性別や年齢層、イベントの開催時刻や形式などを考慮し、提供する食事や飲み物の種類を決めることが大切です。

イベント前の準備で忙しい時、またはどんな食事や飲み物を用意すればいいかわからない時には、以下のアイディアも参考にしてください。

食事

立食や座食、ビュッフェやお弁当、フィンガーフードなど、会場やイベント形式に適したスタイルで提供しましょう。

ケータリングサービスで演出する

ごちクルや、ぐるなびケータリングなどのケータリングサイトを使うと、好みの料理や価格、人数、スタイルなどを選んで検索できるので便利です。ケータリングサービスを利用する場合は、余裕を持って早めにオーダーするようにしましょう。遅くてもイベントの2日前にはオーダーしておくのが望ましいでしょう。

ピザでカジュアルに対応する

食事を用意する時間がない、急に用意する必要が出てきた場合などには、直前のオーダーでも間に合うデリバリーピザで対応してはいかがでしょう?参加者とフレンドリーな雰囲気を楽しむことができるかもしれません。

飲み物

イベント内容を考慮し、ソフトドリンクだけか、アルコール類も提供するかを検討します。全ての参加者にスムーズに提供されるよう、飲み物を提供する場所やタイミングも事前によく考えておきましょう。
カクヤスなどの通販サイトを活用することで、飲み物の価格を抑えることができます。
また、アルコール類を提供する場合は、車での来場者がないかを確認するようにしましょう。

Doorkeeperでイベントを開催して、様々な人が集まるコミュニティを作りませんか?


Doorkeeperでは、イベント開催に必要となる申し込み機能、メンバー管理、出欠管理などの豊富な機能を無料で提供しています。
Doorkeeperでコミュニティーを作成してイベントを開催すれば、各イベントや参加者の管理が容易になり、より良いイベントの運営が可能となります。まずは無料でイベントを作成してみませんか?


イベントを作ってみる