Doorkeeperの主催したイベントは、1万件を超えています。 この経験から、どのようなイベントが成功しそうか、というデータが集まりました。ここで、私たちのプラットフォーム上で主催されたイベントの数々から学んだことを、見てみましょう。

イベントの成功のためには、様々な要素を検証する必要がありますが、Doorkeeperのデータによると、下記のとおり、と、胸を張ってお答えできるのです。

  • どうやって、イベント参加申込者を増やすのか?
  • イベント参加申し込みをした人を、どうやって実際に来場させるのか?

こちらを念頭に置いて、下記の私たちの学んだ教訓について、見てみましょう。

イベントについて、詳しいお知らせをすることで、参加登録者を増やしましょう

イベントに参加してくれそうな人には、イベントの詳細をお知らせして、申し込みにつなげましょう。

イベントの申し込み率と、お知らせの記述の長さには、関連があるのです。 たとえば、イベントの定員が100人で、申込者数が50人の場合、申し込み率は50%となります。 このことから、「イベントの詳細記述」を長くするほど、参加申し込み者数も、増えることがわかりました。

イベント参加を考える人にとって、イベントの詳細に渡り、多く書いてあればあるほど、イメージが膨らみ、すばらしいイベントを企画しているあなたの意気込みが、伝わるのです。

Ja 10000 events length

参加登録者数を最大にするには、イベントは月曜日に開催しましょう

イベントは、何曜日に開催するのが一番いいのでしょうか。私たちのデータによると、土曜日に行われたイベントが、66%の申込者数にとどまっているのに対し、月曜日のイベント参加申し込み者数は75%と、一番申し込み率が高いのです。

ほとんどのイベントは、土曜日に行われています。(Doorkeeperのイベントの25%が、土曜日に開催されているのです)反対に、月曜日に開催されるイベントは、一番少ないのです。(Doorkeeperのイベントの、ほんの8%です) ですから、月曜日にイベントを開催すると、競合相手も少なく、イベント参加見込み者に興味のある、他のイベントの日程とかちあってしまう機会も減るのです。

Ja 10000 events dow

平日のイベントには、ドタキャンが多い

参加申し込みをした人のうち、平日に開催されたイベントへは、「実際に来場した」人数が少ないことが、私たちのデータからわかりました。 週の中ほどでは、仕事が忙しく、イベントをキャンセルしてしまう確率が高いのかもしれません。

土曜日のイベントは、申込者こそ一番少ないものの、実際の参加率は、一番高いのです。誰もが、週末の予定は、しっかり企画するので、ドタキャンする可能性は、少ないのかもしれませんね。

Ja 10000 events dow turnout

規模の小さいイベントは、キャンセルが少ない

イベントの規模が小さければ小さいほど、申込者の来場するチャンスは、多くなります。

小さなイベントでは、参加申し込みをした人たちは、来場する責任を感じます。または、実際の参加の是非を、イベント主催者へ知らせて、申し込みをキャンセルしなければ、と思うでしょう。しかし、イベントが大きくなるにつれて、参加者は、「私は、そのうちのひとり。もし参加しなくても、大した違いはないだろう」と考えてしまうことになります。それが、全体としての参加率につながるのですね。

Ja 10000 events size

支払い方法による、参加者の増加

Ja 10000 events charge

イベントに申し込んだ人に、絶対来場してもらおうと思ったら、イベントを有料にすることです。明らかに、前払いをすると、参加者は来場する傾向にあります。無料イベントや、会場払いのイベントへの参加申し込み率はそのあとに続きます。しかし、私たちは、実は無料イベントよりも会場払いのイベントの方が、申込者が多いことに気がつきました。

有料のイベントに申し込むということは、あなたの主催するイベントが、料金を支払うに値する価値があると認めているわけですから、無料のイベントより真剣に、参加しようと考えるようになるようです。

前払いのイベントでは、来場者数が最大になる

Ja 10000 events prepaid

前払いのイベントでは、実際の来場率が他の支払い方法のイベントに比べて最大となり、52%に上ることがわかりました。前払いのイベントは、無料イベントや、会場払いのイベントに比べて、予約率は低かったものの、予約した参加者は、参加する傾向にあります。ということは、あなたも、イベントの参加者を最大にしたいのであれば (予約のみではなく、実際の来場者を、です)前払いにて、イベントを開催するべきだということになります。

Doorkeeperでは、会場払いと同じ金額を、前払いに設定して、イベントを開催することができるようになっています。 ですから、これまで会場払いで開催されてきた方も、「前払い」という方法が、あなたの開催するイベントにあっているかどうかを、なんのリスクもなく、見極めることができますね。

Doorkeeperでイベントを開催して、様々な人が集まるコミュニティを作りませんか?


Doorkeeperでは、イベント開催に必要となる申し込み機能、メンバー管理、出欠管理などの豊富な機能を無料で提供しています。
Doorkeeperでコミュニティーを作成してイベントを開催すれば、各イベントや参加者の管理が容易になり、より良いイベントの運営が可能となります。まずは無料でイベントを作成してみませんか?


イベントを作ってみる