新しいコミュニティ、新しい仲間をみつけよう。


コミュニティ & イベント一覧

人気のカテゴリー

Doorkeeperについて

イベント主催者は、人を集め、仲間やビジネスパートナーとの新たな出会いを作り、コミュニティを築いていきます。 Doorkeeperは、そんなコミュニティを支え、あなたの素晴らしいイベントをサポートします。

持続的なコミュニティ

イベント終了後、多くの参加者はその感想をFacebookやTwitterで友だちと共有します。Doorkeeperでは、イベント終了後でも、コミュニティに登録することができ、興味をもったユーザーを逃すことなく、次回イベントへ招待できます。

イベントのプロモーション

Doorkeeperでイベントを主催すると、そのイベントのプロモーションをサポートします。また、Doorkeeperで作成されたイベントは自動的に他のイベントサイトにも掲載され、多くの人たちにイベントを知っていただく機会が増えます。

次回イベントを見逃さない

イベントに申し込むと、そのイベントのコミュニティメンバーとして登録されます。イベント主催者は、次回イベントを開催する際に、コミュニティの全メンバーを簡単に招待できるため、メンバーはイベントを見逃しません。

リマインダー、最新情報を通知

イベントに申し込んだあとに、イベントについて忘れてしまう参加者もいます。そうした方々に対して、Doorkeeperではイベント開催の数日前に参加者へリマインダーのメールを送ることができます。

前払いでキャンセルを防ぐ

当日に会場で参加費を支払うタイプのイベントでは、一般的に申し込みの30%〜50%がキャンセルされます。そうなると、イベント企画は非常に難航します。事前に参加費を集金し、キャンセル率を改善しましょう。

カレンダーとの連携

参加しているコミュニティのイベント情報を、GoogleカレンダーやiCalと同期することができます。カレンダーに自動的に反映されるため、コミュニティの参加者は、次回開催のイベントを忘れることなく、イベント参加のスケジューリングができます。

紙のリストは不要

数十人、数百人のイベント参加者の出欠管理はとても複雑で大変ですが、Doorkeeperを利用することで、Webサイトやスマートフォンから簡単に出欠管理ができます。

参加者をもっと知る

アンケートフォームを作成すると、イベントお申し込み時にその記入を促すことができます。これにより、イベント参加者の情報を事前に把握することができます。

データのダウンロード

イベント参加者情報のすべてがダウンロードできるため、他のサービスへの移行も簡単です。


お客様の声
Mizuho

種類の違うチケットの準備やメッセージ機能、イベント当日の出欠管理などイベントを主催する人が必要な機能を充分に備えているDoorkeeperのおかげで、セミナーイベント運営が楽になってます。

特に参加者へのメッセージをステータスごとに送れるところは素晴らしいです。 未払いでキャンセルになっている人に対して再度アプローチがかけられたり、最終的にチェックインした人にだけフォローメールを送れたりと大変重宝しています。

あとは、レスポンスが早いこと。いつも「あるといいな」と思った機能をお伝えすると、すぐに対応していただけるので大変助かってます。 使うごとに進化していくDoorkeeperは主催者の強い味方です。

Hiroyuki

単なるイベント告知サイトではなく、運営者側と参加者側の両視点から「コミュニティ」にとって利便性の高いサービスを提供されていると思います。また、こまめに機能追加されてゆく部分はユーザーからのフィードバックが反映されていることを知り、より魅力を感じました。これからにも期待しています。

浦底博幸
Creationline, Inc. Evangelist
SoftLayer アカデミー 主催者
Kohji

Co-Edoで開催するイベントの大半はDoorkeeperを使って告知しています。主催者に有益な機能が豊富なので重宝しています! コミュニティのメンバーが増えてきて集客的にも助かっています!


共有