2012-06-30(土)

(この文章は札幌Ruby会議2012実行委員会の協力のもと翻訳されています。英語はこちら。)

Doorkeeper 開発者の一人である Paul より、札幌Ruby会議2012のキャンセル待ちに関する問題についてご連絡いたします。なお、本件の影響は札幌Ruby会議2012に限定されており、それ以外の Doorkeeper 上のイベントには影響がありません。

結論から申し上げると、大失敗しました。最近行った変更により不具合が混入し、その不具合の影響により、キャンセル待ちに並んでいた方々が支払いを行う機会が得られなくなりました。というのも、数分間で支払いを行わないとそれがキャンセルされてしまうことになったからです。その結果、キャンセル待ちリストの連鎖的なキャンセルが引き起こされました。

札幌Ruby会議2012の本編チケット申し込みにおいては、計14名の方がこの問題の影響を受けました。また、札幌Ruby会議2012の懇親会チケットの申し込みにおいては、計45名の方がこの件の影響を受けました。わたしたちは、参加申し込みが可能になった連絡を受けたあとで、すぐに支払期限が過ぎたと言われた方々が受けた感情に対して、非常に申し訳なく思っています。

わたしたちは、この件で影響を受けた全ての方々に謝罪いたします。そして、わたしたちの失敗によって Ruby コミュニティ内で問題を引き起こしてしまったことを大変申し訳なく思っています。

この問題が明らかになった後、わたしたちは速やかに問題を修正しました。そして、現在札幌Ruby会議2012実行委員とともに、この状況に対して最善の対応を行うよう動いています。わたしたちはこの件に影響を受けたものについて個別に対応を行っていきます。

あらためて、この件でご迷惑をおかけした全ての方々に謝罪いたします。

Paul