2016-10-13(木)

これまでDoorkeeperでは、設定したチケットの価格を主催者はいつでも編集できるようになっており、チケット発売開始後に会場払いから前払いへ変更することも可能でした。しかし、この点においてDoorkeeperとして万全のサポートをできてきたとは言えない状況で、申込者が混乱をする結果となってしまったケースもありました。

このような問題が起こらないようにするため、今後はチケット作成後には支払い方法と価格の編集ができないよう変更させていただきました。各チケットの説明や締切日時など、それ以外の項目はこれまでどおり自由に編集することができます。また、新しいチケットの追加や申し込みのないチケットの削除もできますので、主催者側における運営管理に大きな影響はないと考えています。

また、今回は上記の変更に加えて、複数のチケットを設定したイベントでも各チケットの販売状況が一目で把握できるチケットリスト画面をイベント管理画面に追加しました。

Ja ticket type update

いつもお伝えしていることですが、サービス向上のため私たちにできることがないか、Doorkeeperではユーザーの皆さまからのご意見やフィードバックをいつでも受け付けています。こちらまでご連絡いただくか、コメントをお待ちしています!