2012-07-31(火)

イベント企画者にとって、コミュニティのメンバーとコミュニケーションを取ることは重要です。今までDoorkeeperでは、メッセージ機能を更新・リマインダー・通知送信の3つに分けて提供していましたが、新しいメッセージ機能では3つを1つに統合し、対象者別にメッセージを送信できるようになりました。これにより、企画者にとっても、イベント参加者にとってもより使いやすくなりました。

今までよりも新しい通知、リマインダー、お知らせ他の作成がずっと簡単に出来るようになりました。まずメッセージを送信する対象者を選択します。このとき、必要であればメッセージを追加して下さい。アナウンスやリマインダーにイベントの説明は追加ボックスにチェックをいれるだけで掲載することが出来ます。

Ja message compose

イベントの告知から時間が経ってしまうと、参加者がイベントに申し込んだか、チケット代金を払い終えたか等自身の状況を忘れてしまうことがよくあります。新しい機能では、イベント参加者のステータスを明確にするために、メッセージに参加者のステータスとチケットの情報を記載したテンプレートを採用しました。

Ja message preview

メッセージ機能を活用してイベントの成功に繋げましょう!